2017年度 第4回丹後天酒まつりは終了いたしました。
たくさんのご来場、ありがとうございました!
第4回 丹後天酒まつり フォトギャラリーはこちら
第4回 丹後天酒まつり ムービーはこちら

【海の京都で酒蔵巡礼】丹後天酒まつり2017 2017年5月27・28日

丹後酒蔵ツーリズム事務局 0772-46-5235 メールでのお問い合わせはこちら
 
福知三萬二千石
東和酒造 有限会社
TOUWA SYUZOU
tou2tou3

女性杜氏が
地元の米・水を用い繊細な感性と
徹底した温度管理で醸す

福知山盆地の旧京街道沿いにある福知山市唯一の蔵。女性杜氏が地元の酒造好適米・地の水を使用し、その繊細な感性と技術を用い、徹底した温度管理と手作業にこだわりを持つ。

《日本酒ソムリエによる酒質チェック》

酒質は多彩であるが、特徴として穏やかでありながら繊細な味わいを持つものが多く、その中にも華やかなきらめきを感じさせるものも存在する。山菜や自然の甘味を楽しむ料理に合わせたい。

当日の催し内容

◯ドリンク: プレミアム雫大吟醸、福知三萬二千石祝大吟醸、六歓山廃純吟 あお ほか。枡酒もあり

ノンアルコールカクテル・コーヒーなど

◯フード: 京地どりのから揚げ(岡本ファーム)、地元産食材によるつまみ、丹後ずし、中華まん、仕込水を使ったコーヒー(手づくり工房あや)、串揚げ(先斗町佳粋)、フランクフルト(東和酒造)

◯イベント: シンガーソングライダー「トモチン」さんによる司会、酒蔵じゃんけん大会(景品あり11:30、13:00予定(変更の可能性あり))、限定酒販売、撮影スポット、イベントコーナー、ちびっこコーナー、ガチャガチャ

名称未設定-2
名称未設定-4
変えていく物
変わらないもの
想像したイメージ1つ1つに味を近づける。
1つの系統、味に捉われずいろいろな味を作り出す。
創りたいお酒を造り出す。
200年以上前の蔵で造る新しいがそこにある。
1700年代にお茶屋さんから始まった
昭和52年に休蔵して平成23年から復活。
 
破壊からの創造
Q.社長が一番大切にしているポイントは?
お客さんの口に入るものなので安全なものを作りたい。
ちゃんと原材料から全て分かっているものしか使わない、前がわかっていなかったのが嫌だったので、どこの田んぼで作っているかを知りたかったのが原点です。
昭和52年に休蔵して平成23年から復活したのですが、委託製造はしていて買って売る等はしてましたが、どんな良いお酒を買っても移動で味が落ちてしまいます。
それを売ってお金を貰っているのが嫌だったので一気に切り替えました。
関係ないと思っていたのに何百年も続いてきたのをここで閉めてしまうとなるとダメな気がして会社をどうするか逆算し、塾考した結果再開する事にしました。
今まで酒造りに携わってなかったからどうやってるかなど、把握できていないのが嫌で修行に行ったのですが、継ぐと決意してから修行期間の時にあれもしたいこれもしたい、ああしたいなどいろいろ思うけど出来ないなど一番そこが辛かったです。
歴史的に続いてきた味とか全然なしで好きにやっていいと言われたので本当に好きなようにお米とかも変えたりしました。
会社自体もガラッと変えました。
破壊して新たに創造した感じです。
shira3
shira4
創造、イメージから作られる豊富な違う味のお酒
Q.東和酒造のお酒の特徴は?
1個の会社は似た系統を出すのが多いですけど、そういうのがなく違う味が豊富なのが特徴です。
酵母など作り方をいろいろ変えるのが楽しく、お客さんの飲みたいのに当てはめるのではなく、これにはこれ、あれにはあれ、など場面に変えて使えるお酒です。
継がずに辞めるとしても井戸だけは大切にしなさいと言われてきました。
周りの土地が扇状地なので水が湧きやすく、わざと鉱石を積み硬水になる井戸にしてある為、水質は中硬水となります。
甘めのお酒でもちゃんと発酵してくれる良い水です。
Q.破壊と創造とは?
最初は瓶もいろんな種類とかラベルもバラバラだったのをやめてロゴを統一させたりいろいろしました。
純米が多くて土の感じを出すため、保存のためもあるけど瓶は茶瓶に変え、ラベルも同じ種類のお酒でサイズでラベルが違うなど前のラベルがあまり好きではなかったので勇気とかはそんなにいりませんでした。
お酒もイメージやコンセプトから作っています。
米の香りを吟醸じゃなくて花束から出てくるようなイメージで、いかに香り豊かにするかから生まれたのが 六歓 はな です。
米をこんなに削って捨てるのが勿体ないと思い削る量を減らして綺麗なお酒にしたいというコンセプトから生まれたのが 六歓 みのり です。
そして今回は井戸水に着目して硝酸カリウムなどや酵母、乳酸もいれずに自然と共に作った山廃。微生物の神秘をイメージして生まれたのが 六歓 あお です。
tou5
omi
純米吟醸 雫どり
自然豊かな低温環境の中で長き時間をかけて醸した純米吟醸。搾りも優しさを追求し手間のかかる「雫どり」女性杜氏ならではのこだわりの逸品。限定50本
kun

薫酒 〜くんしゅ〜

フルーティーで華やか、アロマティック。

住所京都府福知山市字上野115.116.117番合地

【地図を表示する】

杜氏今川 純
創業享保2年(1718年)
TEL0773-35-0008
FAX0773-35-0604
URLhttp://towa-shuzou.jp/
代表銘柄福知三萬二千石
 
tennsyu6paneru-tou

アクセス方法

tri
1乗車  500円
東和酒造 方向 若宮酒造 方向 池田酒造
11:00発 11:20着 12:10発 12:50着
15:30着 15:10発 14:20着 13:40発
15:30発 15:50着 15:50発 16:30着
densya

電車でのアクセス

京都から

大きな地図で見る

大阪から

大きな地図で見る
丹後鉄道を使って蔵間移動に、特急も乗り放題でお得な丹後天酒まつりきっぷを発売しています。 詳しくはコチラ

駅からの京都交通シャトルバス
福知山駅 ←→ 東和酒造
1乗車  500円  
福知山駅 方向 東和酒造
10:00発10:20着
11:00発11:20着
13:00発13:20着
14:00発14:20着
15:30発15:50着
東和酒造 方向 福知山駅
10:25発10:45着
11:30発11:50着
13:30発13:50着
14:30発14:50着
16:00発16:20着
17:00発17:20着
kurumai

車でのアクセス

京都から

大きな地図で見る
  • 京都縦貫道(丹波IC)→国道9号経由

大阪から

大きな地図で見る
  • 中国自動車道→舞鶴若狭自動車道(福知山IC)経由

2017 5月27日開催蔵 詳細

2017 5月28日開催蔵 詳細

事業名 丹後天酒まつり
~酒蔵巡礼!特別なお酒を味わう2日間 8蔵一斉蔵開き~
実施日時 2017年5月27日(土)・28日(日)
蔵によって開催日が異なります(下記参照)
会場 各酒蔵にて開催
◆27日開催蔵 東和酒造・若宮酒造・池田酒造・谷口酒造
◆28日開催蔵 与謝娘酒造・白杉酒造・木下酒造・熊野酒造
タイムスケジュール 各10:00~17:00
入場料 無料
主催 丹後酒蔵ツーリズム運営委員会
各会場主催 東和酒造・若宮酒造・池田酒造・谷口酒造
与謝娘酒造・白杉酒造・木下酒造・熊野酒造
協力 京都丹後鉄道・日本交通株式会社・京都交通株式会社・丹後海陸交通株式会社・株式会社日本旅行
特定非営利活動法人team旦波(たにわ)東京丹後人若手会
後援 京都府・京丹後市・与謝野町・宮津市・伊根町・京丹後市商工会・伊根町商工会・宮津商工会議所・福知山商工会議所・福知山市商工会・綾部市・綾部商工会議所・天橋立観光協会・京丹後市観光協会・福知山観光協会・綾部市観光協会・与謝野町観光協会・日本政策金融公庫舞鶴支店・京都府丹後広域振興局
(以下、後援予定) 福知山市・舞鶴市・ 伊根町観光協会・舞鶴観光協会・ 与謝野町商工会・舞鶴商工会議所・ 西日本旅客鉄道株式会社 福知山支社・
問合せ先 丹後酒蔵ツーリズム運営委員会事務局 TEL 0772-46-5235
担当:大江/井通(株式会社アイデンティティブランディング内)
※酒蔵ツーリズムは佐賀県鹿島市の登録商標です