2018年度 第5回丹後天酒まつりは終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました!
第5回 丹後天酒まつり フォトギャラリーはこちら

【海の京都で酒蔵巡礼】第5回 丹後天酒まつり 2018年5月26・27日

丹後酒蔵ツーリズム事務局 0772-46-5235 メールでのお問い合わせはこちら
 
池雲
池田酒造 株式会社
IKEDA SYUZOU
ikeda2ike3

由良川の風を感じながら
日本酒の奥深さを!

由良川の風吹き抜けるロケーション。とにかく日本酒の奥深さを感じてほしい!作り方・味の違い・食べ物との相性など、「この料理にはこの酒が合うような気がする」などと思っていただけると嬉しく思います。屋外のイベントですので、繊細な違いは分かりにくいかもしれません。でも「日本酒の味って結構違うんやな」と思っていただければ幸いです。
気に入った酒がうちの酒だったら最高ですね!

当日の催し内容

◯ドリンク:
当日限定酒/純米大吟醸 「池雲」の生おり酒、振舞い酒(樽酒・無料)
特別提供酒/大吟醸斗瓶どり、無農薬のお米「にこまる」で作った「加佐一陽にこまる」生酒
日本酒/池雲と加佐一陽のすべてのラインナップと梅酒 試飲500円飲み放題(単品100円・200円<大吟醸>も有)
ソフトドリンク/お茶、振舞い甘酒(ノンアルコール・無料)、地元農家さんがつくった京都発祥の酒米「祝」を使った『米サイダー』

◯フード:
万願寺まつり実行委員会 万願寺甘とうの串カツ、池雲会 舞鶴おでん、地元舞鶴の居酒屋「まちもと」さんの地元の食材を使ったお酒に合う料理、池田酒造のお酒を使ったスイーツ、酒菓子、舞鶴・un・pain(まいづるあんぱん)

◯イベント:
酒蔵見学、利き酒大会

名称未設定-2
名称未設定-4
美味しいから買う
王道を目指す
美味しいお酒を造ってそれを飲んで喜んで欲しい。
テクニックで売るのではなく美味しいから売れるお酒
そんなみんなが喜んでくれる遠く高い理想のお酒を目指し続ける
明治12年 創業 現当主で5代目になります。 
酒造りは一生勉強
Q.社長が一番大切にしているポイントは?
ものづくりの会社なので良いものを作るのが全ての原点、販売戦略とかもあるけど良いものができないとダメだからそれを一番に想っています。
嗜好品なので100人いれば100人の好みがあるけど、いま一番想っているのは食中酒、食事に合うお酒を作りたい、毎日飲んでも飲み飽きないお酒を作りたいです。
派手な香りのする飲んで一番最初にすごいと思うお酒は何杯も飲むと飽きてくるので、普段飲み、飽きない、毎日の食事の横に置いておきたいお酒それが目標であり遠い理想に向かって試行錯誤の繰り返しをしながら作っています。
shira3
shira4
全員で造る丁寧な酒造り
Q.池田酒造のお酒の特徴は?
うちは香り高いお酒じゃなくて香りは求めていない、香り高くはしたくない、すっきりとして味に派手な抑揚がないすっとした味わいのお酒。
香りがなくて味が濃いでもなく、穏やかな香りで穏やかな味わいでスーッと消えていく感じのお酒が理想で毎年そうなるように追い求めています。
その為、水は地下40mから組み上げる井戸水で中軟水、軟水らしさの柔らかさも出ているし超軟水ほど柔らかすぎない為、うちには一番中軟水が合っていると思います。
Q.丁寧な酒造りとは?
酒造りをしている5人がみんな全ての作業をできる為、全ての作業で手を抜かず、みんなが必要な事を解り把握できています。
うちだけのオリジナルの作り方などはないけど、規模が小さいので一本あたりの仕込み量が少ない、1本あたり400~500キロの米なので、力を入れて丁寧に造ることができ、酒質に影響していると思います。
蒸したお米を仕込み温度に合わせる為に冷ますのですが、今うちは機械を使わずに自然放冷で冷ますことにより、お米を外硬内軟の状態に仕上げています。
米洗いは機械、丁寧=手作業ではなく機械のほうが良いところは機械でやる、ただその作業を丁寧にやるのが大切だと思っています。
kasa
omi
夏生 加佐一陽
青リンゴを思わせる華やかな香りと酵母由来の酸から来るドライ感が楽しめる。濃厚な味付けの料理やゆずやレモンを添えた料理との相性は◎。5月発売の新商品です。
kou

薫酒 〜くんしゅ〜

フルーティーで華やか、アロマティック。

 

手作業による仕込は
毎年新たな技法に挑戦

日本海にそそぐ由良川河口にある舞鶴市唯一の蔵。小さな蔵の手作業による仕込は毎年新たな技法に挑戦し、この規模でしかなしえない少量生産による「旬」の日本酒にこだわりを感じる。

《日本酒ソムリエによる酒質チェック》

2014年以来取り組んでいる生酒は、スッキリした中にもしっかりした旨味を感じることができる。純米系は典型的な燗映えするタイプがそろっていて、温度をあげる度にさらに旨味が表に出てくる。
酒蔵名 池田酒造
住所京都府舞鶴市字中山32番地

【地図を表示する】

杜氏池田恭司
創業明治12年(1879年)
TEL0773-82-0005
FAX0773-82-0935
URLhttp://www.ikekumo.com/
代表銘柄池雲
 
tennsyu6paneru-ike

アクセス方法

tri
1乗車  500円
東和酒造 方向 若宮酒造 方向 池田酒造
11:20発 11:40着 12:30発 13:10着
15:50着 15:30発 14:40着 14:00発
densya

電車でのアクセス

京都から

大きな地図で見る

大阪から

大きな地図で見る
当日限定のシャトルバスが西舞鶴駅から出ています。 詳しくはコチラ
丹後鉄道を使って蔵間移動に、特急も乗り放題でお得な丹後天酒まつりきっぷを発売しています。 詳しくはコチラ

駅からの京都交通シャトルバス
西舞鶴駅 ←→ 池田酒造
1乗車  300円
西舞鶴駅 方向 池田酒造
11:05発 11:20着
12:05発 12:20着
13:05発 13:20着
15:05発 15:20着
16:05発 16:20着
池田酒造 方向 西舞鶴駅
11:25発 11:40着
12:25発 12:40着
13:25発 13:40着
15:25発 15:40着
16:30発 16:45着
17:10発 17:25着
kurumai

車でのアクセス

京都から

大きな地図で見る

大阪から

大きな地図で見る

2018 5月26日開催蔵 詳細

2018 5月27日開催蔵 詳細

事業名 丹後天酒まつり
~酒蔵巡礼!特別なお酒を味わう2日間 8蔵一斉蔵開き~
実施日時 2018年5月26日(土)・27日(日)
蔵によって開催日が異なります(下記参照)
会場 各酒蔵にて開催
◆26日開催蔵 東和酒造・若宮酒造・池田酒造・谷口酒造
◆27日開催蔵 与謝娘酒造・白杉酒造・木下酒造・熊野酒造
タイムスケジュール 各10:00~17:00
入場料 無料
主催 丹後酒蔵ツーリズム運営委員会
各会場主催 東和酒造・若宮酒造・池田酒造・谷口酒造
与謝娘酒造・白杉酒造・木下酒造・熊野酒造
協力 京都交通株式会社・日本交通株式会社・京都丹後鉄道・株式会社阪急交通社
後援 海の京都DMO
(以下、後援予定)京都府・京丹後市・与謝野町・伊根町・宮津市・舞鶴市・綾部市・福知山市・京丹後市商工会・与謝野町商工会・伊根町商工会・宮津商工会議所・舞鶴商工会議所・綾部商工会議所・福知山商工会議所・福知山市商工会・FMまいづる・FMたんご・FMいかる・FM丹波・FMジャングル 76.4MHz・日本政策金融公庫舞鶴支店・西日本旅客鉄道株式会社 福知山支社
問合せ先 丹後酒蔵ツーリズム運営委員会事務局 TEL 0772-46-5235
担当:大江/藤原(株式会社アイデンティティブランディング内)
※酒蔵ツーリズムは佐賀県鹿島市の登録商標です