2017年度 第4回丹後天酒まつりは終了いたしました。
たくさんのご来場、ありがとうございました!
第4回 丹後天酒まつり フォトギャラリーはこちら
第4回 丹後天酒まつり ムービーはこちら

【海の京都で酒蔵巡礼】丹後天酒まつり2017 2017年5月27・28日

丹後酒蔵ツーリズム事務局 0772-46-5235 メールでのお問い合わせはこちら
 
白木久
白杉酒造 株式会社
SHIRASUGI SYUZOU
shira2shira3

オープンカフェでスイーツと
日本酒のマリアージュ

仕込み水が非常に軟水なことからとても柔らかくまろやかなお酒になることが特徴で、丹後産コシヒカリ100%使用した日本酒にこだわり一般的に使われる酒米は一切使わず丹後産の美味しいコシヒカリのみで作っております。
丹後産コシヒカリを使用したお酒の潜在能力を最大限に引き出せるようにテロワールにこだわったお酒と、地元の食材を使用した料理や食品とのマリアージュを提案していける内容にしたいと考えております。たくさんの方に丹後の土地に触れていただき、様々な酒蔵の違いや歴史を感じていただいたらと思います。

当日の催し内容

◯ドリンク:
当日限定酒/黒麹仕込みスパークリング清酒 ブラック・スワン
BASARA白木久、銀シャリほか大吟醸はワイングラスでご提供

オレンジジュース

◯フード: ひもの屋 炭火焼等、ポン菓子の実演販売、自社によるオープンカフェ ケーキとドリンクの提供

◯イベント:酒蔵見学

名称未設定-2
名称未設定-4
過去、人、未来
を繋ぐ酒造り
原料となるお米を作ってくれている契約農家さんから飲んで頂くお客様へと繋がる橋渡し。
いろんな人達の支えのおかげで今がある、その想いを大事にし次の世代へと繋げていくこと。
人、時、町、全てを繋ぐ酒造り。
1777年 (江戸時代) 創業
現当主で11代目になります。
 
未経験の田舎暮らしで芽生えた想い
Q.社長が一番大切にしているポイントは?
いろんな人の支えのおかげで16年間くらいやってこれているのでその人達の想いを大事にしたいというのがあり繋がりを意識しています。
22歳の時、後継者が居なかった叔父の養子として後を継ぐ為に丹後の白杉酒造にきたのですが、ここに住んでいなかったのもあり何も経験した事のない酒造りと田舎暮らしに結構苦労しました。
最初の頃は会話の中でのイントネーションの違いなど、こちらの言葉を使わないと会話が切れてしまう気がして嫌で、頑張って丹後弁を覚えようと努力をしていましたがある人に自分の話し方で良いんじゃない?と言われたのもあり引っ張られる事もあるけど良い意味であまり気にしなくなりました。
他所から来た視点で見れているのでここでずっと生まれ育ってきたら当たり前だと思ってしまったと思うけど、第三者の視点で一歩引いて見ることができたので、丹後産の食米100%でというのも見えてきました。
商売的な環境には恵まれていなかったけど丹後という美味しいお米が作れる土地なので、そのお米で作るというのが最大の強みになると想います。
shira3
shira4
丹後の食米100%へのこだわり
Q.白杉酒造のお酒の特徴は?
15mくらいの浅井戸から山の水を汲み上げて使っているのですが、軟水はミネラル分などが多く含まれて無いので引き出す力が強く、水の中に旨味などの成分が溶け出しやすいという特徴があるので、食米を使うことにより米の旨味ふくよかさなども併せ持ち、酒米とは違った強さがある為、味わいがある料理に合うお酒に仕上がっています。
水の回転も早く新鮮で柔らかい水質となる為、この水があってこそコシヒカリを使ったお酒の香りや良さを引き出せています。
Q.何故食米を使おうと思ったのですか?
酒米で作ると綺麗でシャープな感じのお酒になるのですが、せっかくお米を使っているのにご飯らしさが抜け落ちてしまうのはもったい無い、丹後という美味しいお米が作れる土地なのでそのお米で作るというのを最大限に生かそうと思いました。
もともと京都産のお米や酒米も使用していて、全部酒米ではなくしてしまうのは大変だったのですが丹後の食米100%で料理に合うお酒を造ろうと決めました。
その結果、コシヒカリで作ったお酒はコシヒカリの良さを、ササニシキで作ったお酒はササニシキの良さを、それぞれのお米ごとの良さが出る他には出せ無い味になり、お酒から丹後のコシヒカリの美味しさや丹後のフードの美味しさをお客さんに繋げて行きたいと思っています。
shira5
omi
純米大吟醸
地元産の米にこだわる杜氏が選んだ丹後産のコシヒカリ。「食べて美味い米」で「飲んで美味い酒」造りに挑戦した意欲作。端正な旨口。
kun 薫酒 〜くんしゅ〜 フルーティーで華やか、アロマティック。
 
超軟水の軟らかい仕込み水と 地元産米にこだわる蔵
軟水系の多い丹後においても頭一つ抜けた、超軟水の軟らかい仕込み水が特徴。また米も地元産にこだわり、元来酒造にはあまり使われていない関東の「ササニシキ」を、丹後の地で作付から行っている。

《日本酒ソムリエによる酒質チェック》

軟らかな水起因のしっとりと飲み口の優しいお酒が多い。無濾過生原酒など季節限定のお酒、火入れした通常期のお酒ともその特徴が活きており、軟らかな口当たりと力強いふくみ香を楽しんでほしい。
酒蔵名 白杉酒造
住所 京都府京丹後市大宮周枳954番地

【地図を表示する】

杜氏 白杉悟
創業 安永6年(1777年)
TEL 0772-64-2101
FAX 0772-64-2154
URL http://www.shirakiku.info/
代表銘柄 白木久
 
6shira

シャトルバスの情報

丹海シャトルバス 与謝野駅 → 与謝娘酒造  → 白杉酒造  → 木下酒造  → 熊野酒造  → 久美浜駅
1区間  300円
与謝野駅 方向 与謝娘酒造 方向 白杉酒造 方向 木下酒造 方向 熊野酒造 方向 久美浜駅
9:40発 10:00着 11:00発 11:30着 12:50発 13:30着 15:10発 15:15着 16:15発 16:20着
10:30発 10:50着 12:10発 12:40着 14:20発 15:00着 16:00発 16:05着 17:00発 17:05着

アクセス方法

densya

電車でのアクセス

京都から

大きな地図で見る

大阪から

大きな地図で見る
丹後鉄道を使って蔵間移動に、乗り放題でお得な丹後天酒まつりきっぷを発売しています。
詳しくはコチラ
kurumai

車でのアクセス

京都から

大きな地図で見る

大阪から

大きな地図で見る

2017 5月27日開催蔵 詳細

2017 5月28日開催蔵 詳細

事業名 丹後天酒まつり
~酒蔵巡礼!特別なお酒を味わう2日間 8蔵一斉蔵開き~
実施日時 2017年5月27日(土)・28日(日)
蔵によって開催日が異なります(下記参照)
会場 各酒蔵にて開催
◆27日開催蔵 東和酒造・若宮酒造・池田酒造・谷口酒造
◆28日開催蔵 与謝娘酒造・白杉酒造・木下酒造・熊野酒造
タイムスケジュール 各10:00~17:00
入場料 無料
主催 丹後酒蔵ツーリズム運営委員会
各会場主催 東和酒造・若宮酒造・池田酒造・谷口酒造
与謝娘酒造・白杉酒造・木下酒造・熊野酒造
協力 京都丹後鉄道・日本交通株式会社・京都交通株式会社・丹後海陸交通株式会社・株式会社日本旅行
特定非営利活動法人team旦波(たにわ)東京丹後人若手会
後援 京都府・京丹後市・与謝野町・宮津市・伊根町・京丹後市商工会・伊根町商工会・宮津商工会議所・福知山商工会議所・福知山市商工会・綾部市・綾部商工会議所・天橋立観光協会・京丹後市観光協会・福知山観光協会・綾部市観光協会・与謝野町観光協会・日本政策金融公庫舞鶴支店・京都府丹後広域振興局
(以下、後援予定) 福知山市・舞鶴市・ 伊根町観光協会・舞鶴観光協会・ 与謝野町商工会・舞鶴商工会議所・ 西日本旅客鉄道株式会社 福知山支社・
問合せ先 丹後酒蔵ツーリズム運営委員会事務局 TEL 0772-46-5235
担当:大江/井通(株式会社アイデンティティブランディング内)
※酒蔵ツーリズムは佐賀県鹿島市の登録商標です