【海の京都で酒蔵巡礼】第5回 丹後天酒まつり 2018年5月26・27日

丹後酒蔵ツーリズム事務局 0772-46-5235 メールでのお問い合わせはこちら
 
与謝娘
与謝娘酒造 合名会社
YOSAMUSUME SYUZOU
yosa2yosa3

与謝野の自然を感じ
日本酒をお楽しみください!!

地元のコシヒカリ、特徴のあるブランド米を使い地元に根ざした日本酒づくりを目指しています。
与謝野町の京のまめっこ米を使い数年前から試行錯誤を繰り返してきました。自信作が出来ましたので天酒まつりでご紹介したいと思います。大自然の風景をみながらのんびりお酒を楽しんでいただけるよう頑張ります!

当日の催し内容

◯ドリンク: 当日限定酒/ヨサムスメ純米大吟醸
日本酒/有料試飲100円~400円(みどりの風 純米吟醸無濾過生原酒、KAGUYA、スノーホワイト、純米大吟醸、中汲み 純米吟醸無濾過生原酒 等)
ソフトドリンク/仕込み水で入れたコーヒー

◯フード:クッチーニ(欧風料理)、与謝乃庵(居酒屋メニュー)、まさ農園、リフレかやの里(パンほかの販売)

◯イベント:酒蔵見学、ほか未定

名称未設定-2
名称未設定-4
地元の酒と書いて地酒
町と共にある酒蔵
人の交流が密になって楽しい町になればいい
その中のひとつとして与謝娘も輝いてる
町と一緒に会社をやっていくという志
町とともに知ってもらい発展していく酒蔵
明治20年創業
現当主で6代目になります。 
地域と楽しむ酒造り
Q.社長が一番大切にしているポイントは?
もちろんお酒作りをして飲む方に喜んでもらえることが一番だけど作り手の自分たちが楽しめるように意志を持って地域に貢献できることはないかと考えています。
まめっこ米のお酒、地元のジュースを使ったスパークリングなど、地域活動を通じて知り合っていく楽しさなどもあり考え方や思いをジワジワ感じて地域貢献したいとおもうようになりました。
今の街があってどうよくしていくかっていう街の中で考えることと外の人がやってきたことによりなにかがおきてる状態、その新しい何かをやっていく面白さ、街のために自分ができることという考えがある、それを意識して動いているとそれに共感する人や同じ動きの人と繋がれる、わかってくる、など感じることがあります。
そして、そのためになにができるかなどが楽しく、あるものではなく新しいことが楽しいです。
地域を軸に考えるのが仕事も個人でも一番大切にしています。
shira3
shira4
海外にも目を向けた捉われないお酒
Q.与謝娘酒造の特徴は?
地元のジュースを使ったスパークリング、地元のお米を使ったお酒、地元のホップを使ったお酒など、地域と一緒に作るお酒。 前に山があったりなど自然と調和した感じで蔵の環境がいいことです。
良い水が豊富に出るので、柔らかいお酒ができますし、水量が豊富な軟水が後ろの山に掘られた横井戸からポンプなどを使わずに勝手に流れてくるので必要な分だけではなくずっと流れています。
後ろに山があるからこそできることだと思います。
クールジャパンでお酒を海外に、フランスがワインで稼いでいるので日本をアピールしていくのに国の施策で海外対策セミナーを受け、海外向けのお酒も作っています。
Q.海外向けとはどういうお酒ですか?
海外向けには原酒でも15度くらいに度数をおさえた底アルコールのものを作りました。
ワイン文化の人に合わせて飲んでもらえるように度数、酸味、甘味も考え、飲む時間帯に合わせてラベルを変えたり海外向けにふわふわした感じにもしました。
日本酒の度数の下げ方は、できた日本酒に加水をするタイプと、作る段階で設計をし度数を下げるやり方があります。でも水で薄めると美味しくなくなるので、設計の方でアルコール度数を調整して作っています。
yosa5
omi
ヨサムスメ 純米大吟醸
こだわりの40%精米で華やかな香りとスッキリ感、そしてドライな喉越しといいとこ取りの純米大吟醸。食中酒としても色々合わせてみたい。
kun

薫酒 〜くんしゅ〜

フルーティーで華やか、アロマティック。

 

山廃純米ひやおろしなど伝統を
守りながら新しい発想を加える蔵。

与謝野町の山間の蔵。近年9種類の特定名称酒系に加え、純米スパークリング清酒や山廃純米ひやおろしなど、伝統を守りながらも新しい発想を加え、この土地ならではの取り組みを行っている。

《日本酒ソムリエによる酒質チェック》

味わいの傾向は「芳醇なコク」と「軟らかな口当たり」、「やさしい酸」の出し方が特徴か。呑み飽きしないタイプのお酒が多く、出汁や素材本来の甘さなどを上手く引き出す酒質である。
酒蔵名 与謝娘酒造
住所 京都府与謝郡与謝野町与謝2-2番地

【地図を表示する】

杜氏 西原司朗
創業 明治20年(1887年)
TEL 0772-42-2834
FAX 0772-43-1117
URL http://yosamusume.shop-pro.jp/
代表銘柄 与謝娘
 
tennsyu6paneru-yosa

アクセス方法

densya

電車でのアクセス

京都から

大きな地図で見る

大阪から

大きな地図で見る
丹後鉄道を使って蔵間移動に、乗り放題でお得な丹後天酒まつりきっぷを発売しています。
詳しくはコチラ
kurumai

車でのアクセス

京都から

大きな地図で見る

大阪から

大きな地図で見る

2018 5月26日開催蔵 詳細

2018 5月27日開催蔵 詳細

事業名 丹後天酒まつり
~酒蔵巡礼!特別なお酒を味わう2日間 8蔵一斉蔵開き~
実施日時 2018年5月26日(土)・27日(日)
蔵によって開催日が異なります(下記参照)
会場 各酒蔵にて開催
◆26日開催蔵 東和酒造・若宮酒造・池田酒造・谷口酒造
◆27日開催蔵 与謝娘酒造・白杉酒造・木下酒造・熊野酒造
タイムスケジュール 各10:00~17:00
入場料 無料
主催 丹後酒蔵ツーリズム運営委員会
各会場主催 東和酒造・若宮酒造・池田酒造・谷口酒造
与謝娘酒造・白杉酒造・木下酒造・熊野酒造
協力 京都交通株式会社・日本交通株式会社・京都丹後鉄道・株式会社阪急交通社
後援 海の京都DMO
(以下、後援予定)京都府・京丹後市・与謝野町・伊根町・宮津市・舞鶴市・綾部市・福知山市・京丹後市商工会・与謝野町商工会・伊根町商工会・宮津商工会議所・舞鶴商工会議所・綾部商工会議所・福知山商工会議所・福知山市商工会・FMまいづる・FMたんご・FMいかる・FM丹波・FMジャングル 76.4MHz・日本政策金融公庫舞鶴支店・西日本旅客鉄道株式会社 福知山支社
問合せ先 丹後酒蔵ツーリズム運営委員会事務局 TEL 0772-46-5235
担当:大江/藤原(株式会社アイデンティティブランディング内)
※酒蔵ツーリズムは佐賀県鹿島市の登録商標です