Information / Blogs

次回初ゲスト参加の「長老酒造」のページを公開いたしました

chourou1

次回、第7回丹後天酒まつりより、
京丹波町の「長老酒造」が参加いたします!

→長老酒造〈船井郡京丹波町〉 酒蔵ページ

日本酒ソムリエ/酒匠の古田豊弘氏が表現した、
長老酒造のアイデンティティは

「手仕込みの良さを現代に繋ぐ匠」

細かな部分は、酒蔵見学でのお楽しみ、
ということにさせていただきたいのですが、
日本酒製造の機械化も進む中、
今でもしっかり手仕込みで丁寧に酒造りをしている蔵です。

一般的に「手作りの品」というと、
人間的な温かみはあるものの、品質が一定でなく、
洗練されたイメージではないことも多いと思います。

ところが長老酒造の酒は、雑味がなく、
「きれいな酒」と表現されることもしばしば。

きれいな酒だけれども、手仕込みだから力強い。
一見矛盾するような奥行きを持つ酒です。

その秘訣は、、、やはり手仕込みにありました。
ソムリエのコメントに、その根本が現れています。

「 恵まれた丹波の自然の中にたたずむ小さな蔵。
 エアシューターや放冷機を遣わない手仕込みにこだわる。

 製造機械の無い時代の「仕事」の工夫による
 自然放冷や手で運ぶ際に
 緩やかに蒸した米の熱が冷めていく、
 その時の時間経過が優しい酒質を育み、
 匠の技が力強さを加える。

 濃厚な味付けの料理やジビエなどの癖のある肉類にも
 寄り添うタイプの酒質。
 また、旨味のあるものもより引き立てる
 飲み飽きしない田舎酒。 」

1月に、長老酒造を訪れるツアーが開催されました。
社長/杜氏の人柄と、思わず「へぇ〜」と言いたくなるトークで、
酒蔵見学も大変好評です。

ぜひご期待ください!

7O1A3259
7O1A3246
7O1A3240

最新のお知らせ

FLYER
第7回 丹後天酒まつり チラシ

完成次第、公開いたします。